« 野球審判 Belgard マスクバッグ | トップページ | 審判用品 情報を入手しました。 Wilson審判用品 »

2010年1月25日 (月)

野球審判 ボール・ストライクの宣告

時事通信の記事を転載。

日本野球機構(NPB)の審判部合同会議が25日、東京都内で開かれ、審判員によるカウントのコールについて、従来のストライクから先を改め、今季からボールから先にコールすることを決めた。

これまでの「ツーストライク、スリーボール」が、今季からは「スリーボール、ツーストライク」とコールされる。

米大リーグをはじめ、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)などの国際大会ではボールのコールが先。

日本のプロ野球でも数年前から変更する方針はあったが、なかなか導入に至らなかったという。

井野修審判部長は「きょうの会議で決めた。国際大会も増えてきた。今回がいい機会」と説明。

各審判員が巡回する2月の春季キャンプで各チームへの周知を図り、オープン戦から正式に導入される。

球場のスコアボードは上からストライク(S)、ボール(B)、アウト(O)の順になっているが、今回の変更でボール(B)を一番上にするかどうかは、当面は各球場の対応に委ねられることになりそうだ。

もしかしたら、以下のインジケーターは役立つかもしれませんね。

もちろん、ストライクが上にある従来のインジケーターでも問題はありません。

Ind_3

|

« 野球審判 Belgard マスクバッグ | トップページ | 審判用品 情報を入手しました。 Wilson審判用品 »

インジケーター」カテゴリの記事

コメント

めでたく完成!とりわけ1万5000ガウス以上もの耐磁性能を持つ〝マスターコーアクシャル〟を備えたキャリバー8400は、このダイバーズウォッチに卓越した実用性をもたらした。
 キャリバー2500系の反省を踏まえて新規設計された〝コーアクシャル専用機〟がキャリバー8500系である。
2500系での反省点を盛り込んだ新しいコーアクシャル専用機が、素晴らしい携帯精度を誇ったのは当然だろう。
 キャリバー8500の使用可能なエネルギーは69ジュール。
ベースとなったのは、コーアクシャル専用機として開発されたCal.8500系。
 しかし開発当初、この脱進機には問題があった。
数年後には起動性や等時性、低い振り角といった問題を解決していった。
↑288,000/h(8振動) 以上の時計はハイビートと言われており、現在発売されております時計でもクロノメーターのモデルは殆どこれ以上の振動数です。
時計の性能が、振動数だけではないのは分かっていますが、25500振動と28800振動の振動数以外の明らかな差は何なのかどなたか教えてください。
一般的にテンプ(丸いリング)という部品の振動する数を言います。
もし、プラネットオーシャンが25500振動だったら、ホイヤーの28800振動と比べると、少し劣るのでしょうか?
以前から持っていたタグホイヤー・リンクと見比べると、秒針の動きがスムースではないことに気付きました。
それは、選手一人一人の活躍が、1932年以来オリンピック公式計時担当を務めるオメガによって、記録され、表示され、配信されるということです。
もうご存知の方も多いと思いますが、機械式時計で良く聞く振動数とはなに?
また反対にノモスなどの手巻きの時計、ユニタスムーブ(懐中時計などに使われるムーブ)、オメガスピードマスタープロフェッショナルに使われているレマニアムーブは振動数が低くロービートと言われております。
注)画像には手、指は写っていませんが、ピン抜き棒先端にしっかり指を添えて行います。
ハンマーでバンドピン抜き棒を叩き、バンドピンを抜きます。
この時、バンドピン抜き棒がバンドに対し垂直にささるようにします。
 1999年、オメガはコーアクシャル脱進機を載せた自動巻きのキャリバー2500を発表した。
プラネットオーシャンは一目惚れだったので、そこまで気にせず購入したのですが、高級な自動巻き時計はすべて、28800振動だと思っていたので、ちょっとショックです。

投稿: ブランド時計コピ | 2020年5月29日 (金) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球審判 ボール・ストライクの宣告:

« 野球審判 Belgard マスクバッグ | トップページ | 審判用品 情報を入手しました。 Wilson審判用品 »